草木保育園

お知らせ

PM2.5

今日のPM2.5の数値が、大牟田市は高かったので、園庭であそばずに、クラスの部屋で、コーナー遊びやワークの勉強、マーチングの練習などを行いました。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年08月04日

青天白日(せいてんはくじつ)


令和283日(月)

雲一つない空で、明るい夏の太陽が照らしていて、夏が始まりました。セミさんはミンミンと元気に鳴いています。

夏の風物詩ですね。他にも「スイカ」「海」「かき氷」「ビアガーデン」「花火」「盆踊り」などが代表的です。

今年度は、「大蛇山まつり」と「おおむた海上花火大会」など、夏の行事は中止で、中止縮小で余儀なくされています。

また、大牟田市で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生しました。

危機感を強め、保育園でも感染症対策を徹底して行いたいと思います。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年08月03日

コロナウイルス感染症


令和2728日(火)

大牟田市で新型コロナウイルス感染(16例目)を確認しました。

気を緩めることなく、引き続き感染防止対策を取っていくことが大事です。

「人にうつさない」「人からうつされない」「感染しているかもしれない」という意識をもって行動したいですね。

また、感染者の増加が始まり、一進一退が続く新型コロナウイルスの問題。「第2波」の到来もささやかれている中、保育園は子どものお預かりするのは当然です。

しかし、コロナウイルスで、725日、東京都の保育園が新たな園児1名の感染が確認。(感染者:園児2名と職員3名)

注意をはらって、保育園が「深刻な、すれすれの状態である」というのを、ご理解して頂きたいと思います。

『コロナウイルスは終わっていない!』と肝に注意をして、『すべては子どもたちのために』、みんなで協力して油断しないようにいきたいと思います。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月28日

《新しい門の設置工事》

《新しい門の設置工事》

令和2727日(月)

令和2723日(木)と726日(日)に、『新しい門の設置工事』がありました。〈タイル補修は82日(日)に予定〉

扉の開閉は「両開き戸」から、新しく「スライドの引き戸」へ移設しました。

保護者の皆様を始め、地域の方々、関係者の方々には、不便をおかけしました。

今日から子供たちは元気一杯園庭で遊べると思います。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月27日

《だんだんと雨も下り坂》

《だんだんと雨も下り坂》

令和2721日(火)

今日は、不安定な天気で、晴れ間があっても空もようの変化にお気を付けください。また、ムシムシと気温が高く猛暑ですから、熱中症にも警戒してくださいね。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月21日

《夏が始まりました!》

《夏が始まりました!》

令和2217日(金)

今日の天気は晴れで、セミの鳴き声が聞こえてきます。

セミたちが大合唱。夏本番が始まりました!

夏本番。熱中症に気を付けてくださいね

めまい、手足がつる、頭痛、ふらつく、全身だるさが出たら、涼しい場所へ避難して、服をゆるめ身体

を冷やしてみるとをお勧めです。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月21日

《野菜の報告(4月から6月)》

《野菜の報告(4月から6月)》

令和2715日(水)

子どもたちは、「キレイだな!」「これ何だろう?」と驚きと発見に満ちています。命の大切さを学んだり、思いを形にする喜びを体験しています。大切ですね。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月15日

《九州など夜は激しい雨に警戒》

《九州など夜は激しい雨に警戒》

令和2713日(月)

先週の金曜日と土曜日は、園の休園に、ご協力いただき、また早めのお迎え、誠にありがとうございました。今夜から明日にかけて激しい雨が降る予定です。九州北部では、「滝のような非常に激しい雨」が降る可能性があります。警戒が必要ですね。また、被災いている人たちは苦しんでいる姿に胸が痛んでいます。梅雨はまだ終わったわけではないので、油断しなければと思います。

最後に、東京都は712日、都内で206人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。特に、東京都の保育園で感染拡大があり、保育士と園児たち計22人が陽性だった。(722日まで臨時休園)

医療福祉関係や仕事に出かけなければならない人の子どもたちは、お預かりするのは当然です。保育士は、「隠れ感染者」なら、「このつぶらな瞳を曇らせてしまうかも」という恐怖と背中合わせで仕事に就いています。

「コロナウイルスは終わっていない」という気持ちで、いま一度、生活を改めて行きましょう。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月13日

《大雨特別警報》

《大雨特別警報》

令和279日(木)

有明新報の新聞に、『経験したことがない豪雨』として掲載がありました。

大牟田市も大雨特別警報が発令があり、各地で冠水の被害がありました。

家の家具は泥まみれで散乱、延命公園の動物園そばで崖崩れ、海岸に大量の流木など豪雨の爪痕が残っています。

草木保育園も被害がありました。水かさが半端ないくらいすごい状況があり、玄関まで水位がありました。また、お泊り組の子どもたちと職員が不安な一夜を過ごしました。 週末には再び大雨となる可能性があり、二次被害の防止へ警戒が必要ですね。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月09日

「数十年に一度の大雨」

「数十年に一度の大雨」として、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報を発表しました。大牟田市でも猛烈な大雨と土砂災害に警戒を呼び掛けています。十分に注意をはらっています。(園長 宮﨑秀一郎)

2020年07月06日
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
このページのトップへ